改めて『御予約販売』のお詫びです

こんにちは!鈴木でございます。全国の豪雨被害、そして、東京を中心としたコロナウイルス問題の拡散等々、あまりに落ち着かない毎日が続いておりますが、皆様につきましては、どうかお元気にお過ごしいただけますように・・・と、毎日祈りの気持ちを込めて、コーヒー創りに勤しませて頂いております。
(被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます)
当店は、狭い店内での”3密”を避けるために、現在、店頭販売につきましては、100%御予約販売のみの営業にて失礼しておりますが、4月からずっとこのスタイルにて営業させて頂いておりますので、皆様にはご理解いただいて、とてもありがたく感じるとともに、いつまで経っても世の中落ち着かず、通常の販売が出来ていないことを申し訳なく感じる毎日となっております。
さて、ここで改めて【ご予約販売】のお詫びをさせて下さい。
・・・と言いますのも、多くの方にご理解いただいているのと同じ位、当店を始めてご利用になられる方や、「世の中色々と解除になっているのだから、そろそろ普通に営業しているだろう…」と思われて、直接ご来店頂くお客様も、実はここのところとても多くなって来ているからなのです。
ホームページでも、このブログページはもとより、他のページでも、自分で書き直せる部分であれば、出来る限り『ご予約販売』で有る旨を書き直しているつもりなのですが、なかなか全ての方にお知らせするのは難しいようでして、毎日必ずと言って良いほど、何人もの方が、更に、多い時には数十人以上の方々が、店頭までお越しくださいまして、入り口に書いてある『現在ご予約販売のみとなります』と言う張り紙を見て、うな垂れて帰られる・・・と言う、申し訳ない状態が続いております。
本当にスミマセン。私が店頭まで顔を出して謝れるときも有るのですが、なかなかそれが出来ないことも多いので、後ろ姿に気が付いた時には、辛くて、辛くて、たまりません。
只、いくら私が辛くても、普通に店を開けましたら、あの狭い店内に、30人も40人もの方々に押し寄せて頂いたり、外でお待ち頂くとしましても、一体どこまで並んで頂ければよいのか、どれだけ長い間お待たせすればよいのか、更に言えば、ご予約でなく販売しておりますと、途中で豆がなくなり、長くお待たせしたにも関わらず、途中で『本日は終了です』と言わざるを得ない事になると思われます。(大量生産は出来ないスタイルですので)
狭い店内が、まるでライブハウスのようにギュウギュウ詰めになることも怖くて出来ませんし、自分の店の敷地でもないのに、長々と行列を作って頂いて、更には途中で終了するだなんてことは、商売的にはよろしいのかもしれませんが、私には辛すぎて絶対に出来ません。
・・・なので、このコロナウイルス問題が落ち着くか、ワクチンが出来るか、もしくはですが、当店が物凄くヒマになって、普通に営業しておりましても、お客様がまばらにしかお見えにならないようになれば、また普通に開けられるようになると思いますが、それまでは、このスタイルで辛抱して頂くしかなさそうです。
本当に申し訳ございません。皆様をお守りするためですが、ある意味、皆様から怒られるスタイルでもあります。只、私も覚悟を持って臨んでおります。何卒、ご理解、ご容赦願えますよう、どうぞ宜しくお願い致します‼

※今日の写真は、レジ袋が有料となりまして、当店でもどうしようか…と悩んでおりましたが、植物由来のバイオマス?とかいう袋であれば、無料のままで良いという事でしたので、用意しているものです。
当店の場合、袋が必要がないと言う方にはそのままお渡ししたり、紙袋だけで良いと言う方にはそのスタイルでお渡ししたり・・・と、元々お一人ずつご都合に合わせてお渡ししておりましたので、あまり気にしてはいなかったのですが、最近は、重たいアイスコーヒーリキッドをご追加でご購入される方が、とても多くいらっしゃいますので、そういう時にはさすがにバラでは持ちにくいので、この植物由来原料の無料レジ袋が重宝しております。
勿論、皆様のご都合に合わせてご用意させて頂きますので、今後も遠慮なく仰って下さいね。

☆あまりに使いにくい【ご予約販売スタイル】のご理解に心より感謝を込めて・・・。
焙煎職人:鈴木正美