何だか訳の分からない状態の鈴木も感謝だけは忘れません!

こんにちは!鈴木でございます。緊急事態宣言やら、まん延防止やらで、何だかどうして良いか訳がわからなくな来ているいる日常ではございますが、皆様お元気にお過ごし下さいませね。(本当にとにかくお元気で!)
それにしても、今日の写真は怪しさいっぱいですが、何んと、これが今店を開けている時の鈴木のスタイルなんです。(怪しさ倍増だね・笑)
マスクして、手袋はめて、更に最近は、マスク無しでフリーで来店される方に詰め寄られることが多くなってしまったので、仕方なく、フェイスガードなるものも着けたりしています。
我孫子って、ちょっと田舎っぽいところも持ち合わせているのが良いところではあるのですが、そんなに物凄い田舎と言うわけではありませんから、外に出る時は、勿論僕もそうなのですが、必ずマスクをする必要があると思うのですが、なぜか、手賀沼公園とかに遊びに見える方や、ウオーキング、ジョギングをされている方は、マスク無しの方も多くて(最近とみに多い気がします・残念)ちょっと困ってしまっております。(更にそう言う方々にいきなり店で怒られるし・苦笑)
自分も、ですが、人様に迷惑を掛ける事も有るわけですから、ちょっと面倒くさかったり、暑かったりで、嫌なことも多いかもしれませんが、頑張ってマスクはしましょうね。(お願いします)
当店は手賀沼公園近くにある、いわゆる環境の良い場所なのですが、その辺だけがちょっと困っている今日この頃なのです。あっ、勿論、御予約頂いた上で、当店にお越し下さる方々は皆さんマスク着用の上でご来店くださっておりますから、ホント、ありがたい事です。皆様、いつもご面倒をお掛けしておりまして申し訳ございません。早くマスクなんぞ無しで、ハグし合える毎日になると良いですね。(日本ではそう簡単にハグはしないけどね・笑Ⅱ)
あっ、そうそう、前回も思い出して書かせて頂いた『世にも奇妙な話…』じゃなかった、『人様の人生だったら面白い話』につきましても、なぜか、楽しんで下さっている方が多いようで、「更なる話に期待してます!」とか、コメントまで頂戴したりして、ホントありがたい事です。
たんに鈴木がガキの頃、暗い性格で嫌われていただけだと思いますが、イボの件は、本人が思い出してもちょっと不思議で、小学校から中学に上がるときに、さすがに親も心配し出して、大きな病院に連れていかれて調べてもらったのですが、その先生曰く「あっ、これはイボ全て一個ずつに注射して手術するしか無いですね・・・」と言われて、その瞬間、正美少年は、『もう良い、僕はイボと共に生きるんだ!』と、覚悟を決めたすぐ後に、ある意味、一夜にして無くなったんですから、いやぁ~手術しなくって本当に良かったなぁ…と、後でしみじみ思いました。でも本当は、イボ一個ずつに注射するっていうのが怖かったんだと思います。確か年に一回位だけ、学校で打っていた何かしらの予防注射でも、その都度、正直泣きそうになるくらい嫌だったんですから。(気が弱っ・苦笑Ⅱ)
まぁ、不思議な話、妙な話、変な話、たまにちょっと良い話等々、人様の人生だったら面白い話は、まだまだございますので、たまに自分に恥をかかせたい時とかに、またお話しさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。皆様の声援に、心より感謝を込めて・・・。(ありがとうございます!)

※ここで、またまた最近の店の状況です。
ホント、こちらもゴメンナサイ。御予約販売の方が、またまた殺到するようになってきておりまして、4月初め頃には、『これは一週間以内でいけるのでは…』と、思っていたのですが、ここに来て、また2週間以上お待たせする形となってしまいました。今日現在で、5/27(木)のお渡しが最短となってしまっております。ご配送の方も多分2週間前後と思いますから、同じ位になってしまいました。
本当に、本当に申し訳ございません。そして、こんなデタラメな店の御贔屓に、やはり心より、本当に、心より感謝しております。(ありがとうございます!-Ⅱ)