鈴木は秋葉原が大好き⁉︎

こんにちは!鈴木でございます。先日、用事があって久しぶりに秋葉原へ行って来たのですが、いやぁ〜私が知っていた頃とはあまりに変わっていてビックリしました。 まあ、私が知っているのは30年以上前ですから、当たり前と言えば当たり前なのですが・・・。(そんだけ年取っちゃってるんですね・苦笑)

僕は高校出た後、喫茶店で働いたり、パブで働いたりしていて、今風に言えばフリーターかな?まぁ、当時で言えばプータローみたいなもんだったのですが、親の為に大学くらい出ておいた方が良いだろうと勝手に考えて、お金を少し貯めて、夜間の大学に行ったのですが、そこで仲良くなった年下の友達が、秋葉原のお茶の会社で働いていて、寮に暮らしていたのですが、当時、私が住んでいたアパートはお風呂がついていなくて、ちょっと夜遊びしちゃうと銭湯が間に合わなくなっちゃうので、良くそのお茶の会社で働いている友達の寮のお風呂を勝手に借りていました。(その時から鈴木は図々しい奴だったようです・笑)

いやぁ、懐かしいような、恥ずかしいような、そんな昔の話ですが、何だかとっても輝いて見えて、秋葉原は大好きな街の一つです。実は、このあと新しい仕事で関わって行く予定の場所でも有りますので、何だかご縁を感じて嬉しいです。

その新しい仕事と言うのは、今年の始め、素晴らしい方との出会いがありまして、コーヒー業界の方とは違うのですが、今の酸っぱいだけ、苦いだけのコーヒーしか提供出来ていない業界の人たちより、一生懸命、体に優しく、心に嬉しい、本当に美味しく感じられるコーヒー作りを考えている方でしたので、相談され、思いをお聞きしている内に『これは私にピッタリの仕事だな・・・』と感じて、お手伝いする事に決めました。

今、色々と準備を進めている段階ですので、ある程度形になりましたら、何をおいても皆さんに先にお知らせさせて頂きますので、今少しお待ち下さいませ。(鈴木のやることですので何だか危険な香りがしますけどね・笑Ⅱ)