虹を見て思いを新たにする鈴木⁉

こんにちは!鈴木でございます。ここのところ、朝晩は随分と涼しくなって来てくれまして、季節の移ろいを感じられるようになりましたですね。「暑さ寒さも彼岸まで…」なんて、昔の人は良く言ったものですよね。(そう言う鈴木も60歳を過ぎてもはや昔の人の仲間入りの感じですが・苦笑)
また、暫くこのブログページもサボっていてスミマセンでした。前回『時をコエテ』のイメージソング?などと銘打って、へたくそな歌をYouTubeに限定公開したところ、思いのほか多くの方にご覧頂けてしまったようで、かえって失礼しました。ご覧頂いた方には、本当に御礼申し上げます。まぁ、でも、出来れば忘れて下さいね。(笑)
只、実は、僕は昔から思っていることが有りまして、それは、コーヒーとエンターテイメントの融合なのです。
今回、私は歌と、コーヒーを繋げてみた感じですが、たとえば、映画でも、舞台でも、本でも、何でも良いのです。
コーヒーでその作品をイメージしてオリジナルの物を作ることが出来れば、それらのエンターテイメントを見ながら、聞きながら、読みながら、そのイメージしたコーヒーを楽しむ・・・、『そんな風景が日常になればなぁ』と、いつも思っていたのです。
なので、ちょっと年を取り過ぎてしまいましたが、それでもまだ現役ですから、出来る事にはチャレンジしてみよう!・・・と、ある意味一念発起して、恥ずかしながらも、40年位前には、一応シンガーソングライターもどきを目指していた時期も有ったので、たった一本残っていたギターを握り締め(弦も10年以上張り替えていなかったけど)必死に作ってみた唄なのです。
この後も、もう1,2曲ぐらいは頑張ってみようかな?等と思っておりますので、万が一またアップできましたら、どうぞ宜しくお願い致します。(怖いもの見たさで?・苦笑Ⅱ)
まぁそんな冗談はさて置き、本当にありがたい事に、このコロナ禍であるにも関わらず、更には、完全予約制の使いにくい状態であるにも関わらず、焙煎職人:鈴木正美の店は、”空前絶後”の忙しさに、感謝&感謝の毎日でございます。(ホントにありがとうございます!)
この後も、どうしても3密を避けるためには、この”完全予約販売”の形しか取れそうになく申し訳ありませんが、出来る限りで頑張らせて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。
そう言えば、今日の写真ですが、先日久しぶりの「虹」を見たら、あまりに綺麗で、何だか涙がこぼれました。子供の頃は遊んでいて良く見た虹ですが、大人になって、下ばかり見ていて気が付かなかったような気がします。
これからは、出来るだけ上を見て歩こうと思います。この後、いつまで頑張れるかはわかりませんが、思いを込めて、コーヒー焙煎に勤しんでまいります。
応援して下さる皆様の、御心の片隅に置いて頂いていることに、心より感謝を込めて・・・。