自慢してくださることが一番の自慢なのです⁉

こんにちは!鈴木でございます。ここのところ、急に朝晩は涼しくなってきまして、季節が一気に進んでいる感じですね。あの厳し過ぎる暑さが終息して来たのはありがたいのですが、あまりに違いすぎますので、ちょっと身体がついて行かない感じです。疲れも出る頃ですので、皆様もどうぞご自愛なさって下さいませ。
さて、写真は眼鏡をかけてないボーっとした顔の鈴木で申し訳ないのですが、最近、休みの日はコンタクトにもチャレンジしているので御容赦下さいね。
大事なのは、鈴木が手に持っている新聞記事でして、先日、ありがたいことに、長年お付き合いを頂戴しております、日本を代表するジャズプロデューサー児山紀芳さんが、ご自身の集大成としての御本を出版されて、これが素晴らしい!・・・という話もさせて頂いたのですが、最近は、その御本の話が、あちこちの新聞で取り上げられていて、それもまた嬉しく感じている今日この頃なのです。児山さんは、日本を代表するのみならず、アメリカではグラミー賞にノミネートされたり、ホワイトハウスにも招待される特別な方です。ジャズに少しでも関係されている方で、児山さんを知らない方はいらっしゃらないはずですし、それぐらい凄い方なんですが、もう20年を超える長い間お付き合いをさせて頂いております。本当にありがたいことです。(とても素晴らしい本ですので皆様も機会あればご覧ください!)※店にも読んで頂けるように置いてございますのでお時間あるときに御覧くださいませ。
こういった素晴らしい方とのおつきあいは、私にとりましては自慢できることなのですが、『自慢話』と言えば、先日とてもありがたい話を聞かせて頂きました。 それは、ラグビーオールブラックスの英雄・ジョンカーワン氏と、お世話になっている日本代表コーチだったK氏と、来年、日本で開催されるラグビーワールドカップを応援してくださっている、日本中のだれもが知る、物凄く有名な俳優さん(ダンディーな方です)が、3人で一緒に食事をする機会が有ったそうで、(これも想像すると凄い図だなぁ・笑)その際、第一回ワールドカップのトライ王で、オールブラックスの英雄であるカーワンさんが、いきなり『我孫子に凄いコーヒー豆屋があるんだ!』と、私の店の自慢話を始めたんだそうです。その俳優さんもコーヒーがお好きならしくて、『その時、その話が一番盛り上がったんですよ!』と、その後、日本代表コーチだったK氏が教えて下さいました。いやぁ~ありがたいことです。
誰かが、誰かに、私の店やコーヒーのことを自慢してくださること…これ以上私が自慢できることはありません。本当にコーヒー豆屋冥利に尽きます。皆様のお気持ちに心より感謝しております。妙な店ですが、機会あれば皆さんも周りの方に自慢してみて下さいね。どうぞよろしくお願い致します!(鈴木の店に自慢できる部分があれば・・・の話ですが・苦笑)