皆様のお気持ちに感謝しつつ、2021年も使いにくい店宣言&陳謝する鈴木?!

こんにちは!鈴木でございます。あまりに久しぶりのブログ更新になってしまい申し訳ありません。
12/10に『年内のご予約がいっぱいになってしまい・・・』と言うお詫びを書いて以来なのですが、やっぱりかなりの方にコーヒーをお分けすることが出来ずに、本当にすみませんでした。相変わらず、と言いますか、更に使いにくい鈴木の店となってしまい、心苦しく感じております。
只、商売優先で大量生産に走ったり、コロナ禍であるにも関わらず、いくらでもお客様を入れたりすることは、どうしても私には出来ませんので、何卒ご容赦下さいませ。
いくらお客様が押し寄せて下さるありがたい店になったとしましても、嘘の無い、手創り、手渡し、少量生産に拘っての営業とさせて頂きます。
2020年も使いにくい店のご贔屓に感謝しております。2021年も使いにくい点は変わりませんが、出来る限り頑張らせて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。(こんな妙な店を御心に置いて頂いている事に感謝の気持ちでいっぱいでおります‼)

※今日の写真は、小学生から貰ったお手紙集なのですが、仕事に追われ、更には謝り続けるだけの毎日で、ちょっと疲れ気味だった鈴木も、その可愛らしさに、思わず笑顔になり、元気にもなった一コマです。
先日、我孫子市第一小学校の先生から頼まれて「体験学習ができないので子供たちの質問にビデオメッセージを頂いても宜しいでしょうか?」という事でしたので、楽しくやらせてもらったのですが、そのことに対して、子供たちがわざわざお手紙を書いてくれました。小学2年生でしたが、いや、まぁ、本当に可愛らしいんです。
質問も面白く、コーヒーの大きさや、どうやったらコーヒーが出来るのか?・・・とか、コーヒーの質問に交じって、どうして芸能人に人気なんですか?・・・なんて言う質問まであって、思わず先生と笑ってしまいましたが、とても、とても楽しかったです。
コロナが収まったら、『今度は焙煎を見せてあげたいな・・・』と先生に話しましたら、「それは本当に良い体験になりますので、是非お願いします!」と先生も喜んでおりました。早くそういう時が来ると良いな・・・と思いつつ、忙しさに追われる毎日の中で、ホッとできる、笑顔の時を過ごした鈴木なのでした。

※ご注文・御予約についてのお知らせ&・・・やっぱりお詫びです。
ご配送につきましては、相変わらずお時間頂戴しておりまして申し訳ありませんが、この年末年始も休みなく頑張ってはおりますので、まだ手にされていないお客様は、新年になってしまう方が多いとは思いますが、今少しだけ辛抱してお待ち頂ければ幸いです。(新規のご注文もお待ち頂くのを御了承頂ければ遠慮なくお願い致します!)
ご予約についてですが、新年になればずっと空いて来て、すぐにご用意出来るようになると思っておりましたが、どうやら私の読みが甘かったようでして、またまた申し訳ない事になって来ております。
実は、12月中にご予約の御品を取りに来て頂いたお客様の多くが、その際に、また1月のご予約を入れて下さるものですから、どんどん予約が埋まって来てしまっておりまして、この後、多分一番早いお渡しでも、1月の中旬以降になってしまうかと思います。(ゴメンナサイ)
たかが街中の小さな豆屋のくせして、使いにくい、めんどくさい、本当に妙な店です。申し訳なく、そして、心苦しく感じております。
こんな鈴木と、2021年も、もう少しだけお付き合い頂けましたら嬉しいです。何卒、宜しくお願い申し上げます‼