暫く鈴木の店のことは忘れて下さい⁉

こんにちは!鈴木でございます。営業自粛中という事も有り、お客様含め、人との接触は80%以上削減させて頂いている毎日ですが、ありがたい事に、お取り寄せのご利用や、店での御予約販売には、多くの方からご注文頂戴しておりますので、裏で仕事だけは行っている毎日です。
店まで歩いて通う際、普段は気にしたことなどないのですが、まさに道端で健気に咲いている花など見つけますと、『お前ら頑張っているなぁ・・・』と、それだけで心が癒されております。
さて、ここで御提案です。鈴木の店は、一応商売をしている(一応じゃまずいですが・苦笑)コーヒー豆屋なのですが、この際、鈴木の店の事は、暫く忘れて下さいませんでしょうか?
・・・と言いますのも、緊急事態宣言後は、営業自粛の為、表向きの通常営業は行わず『どうしても鈴木のコーヒーを飲みたい!』と仰って頂ける、ありがたく、貴重な皆様の為に、どうしても人数の制限はしなくてはならないのですが、ご予約頂ければ、裏でさっとお渡しする事だけは致しておりました。
只、ありがたい事ではございますが、ここに来まして、そう言うお客様が増え過ぎてしまいまして、現在、ご予約頂きましても、お渡し出来るのが、最短でも5月中頃になってしまっております。
お取り寄せにつきましても、現在3~4週間程度のお時間は頂戴しながら、何とかお受けしておりますが、5月には「母の日」と言う、大事な、大切な、一大イベント(父の日とは比べ物にならない)がありますので、そこに向けての御注文も数多く頂戴しております次第です。(出来る限り頑張っておりますがこの後は無理と思います)
勿論、御予約頂けることも、お取り寄せやプレゼントでお使い頂けることも、とても、とても、ありがたい事、ありがたすぎる事ではありますが、それを、物凄くお待たせしてしまったり、ご指定の日時に間に合わすことが無理なので、お断りせざるを得なかったり、すぐ欲しい・・・と言うお客様に、たかだか街中の小さなコーヒー豆屋のくせして、2週間、3週間、下手をすれば1カ月近くも、お待たせしなくてはならない旨を、お伝えすることが、鈴木には心苦しいのです。
私は、自分自身が創るコーヒーの味わいには、絶対の自信を持っております。只、味への強い拘りを持ちすぎているが故に、全国にあるような、有名店、著名店、では勿論ありませんし、お客様のおかげで、30年以上、長く営業させて頂いてはおりますが、単なる、我孫子と言う小さな街の個人店でしかありません。
そんな店のオヤジが、『いやぁ、一ヵ月位待ってもらうけど、それでも良い?』と言って、偉そうにお断りしたり、待ってもらう事なんて出来ないのです。
ありがたいけれど、申し訳ない・・・、毎日この葛藤で心が埋め尽くされております。
本当に、申し訳ございません。心苦しく感じております。只、今しばらく辛抱が必要と感じております。ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご容赦下さいませ。(このような厳しい時代に御心に置いていることだけで嬉しいです・感謝‼)

※勿論、御注文やご予約頂けることは本当に光栄な事です。もし、物凄く長くお待たせしてしまう事を許して頂けるようでしたら、いつでも遠慮なくお申し付けください。心よりお待ちしております。
 焙煎職人:鈴木正美