我孫子市の悲願なので鈴木も頑張るのです⁉

こんにちは!鈴木でございます。急に季節が進んでいる感じの毎日ですが、皆様どうぞお元気にお過ごし下さいませね。
今日は、ようやく解禁になりましたので、我孫子市が初めてお取り上げ頂けることになりました『出没!アド街ック天国』の放映につきまして少々書かせて頂ければと思います。
番組のディレクターさんからお電話頂戴したのが9月の後半位だったでしょうか?最初はちょっと信じられなかったのですが、今回、『我孫子市を単独で取り上げたい!』と言うお話しで、当店の事も事前に調べていらっしゃって、『小山薫堂さんとか、著名な方々とお知り合いなんですよね?!そんな著名な方達が利用する特別な豆屋さんが、なぜか我孫子と言う街にある…と言う感じの視点で取り上げさせて頂きたいのですがお願いできますか?』という、とてもご丁寧なオファーを頂きまして、実は、メディア関係とのおつきあいにつきましては、ちょっと慎重になっていた鈴木なのですが、今回ばかりは、我孫子市にとりまして10年来の悲願でしたので、『勿論、ご協力させて頂きたいと思っています!』とお返事させて頂く形となりました。
メディア関係とのおつきあいに慎重?・・・と言いますのは、私の店は、小さいとは言え30年以上も営業しておりますと、どこかしらメディアでお取り上げ頂くような機会もございまして、それは、勿論とてもありがたい事ではあるのですが、手創りスタイルの個人店であるが故、キャパシティーを超えてしまいますと、お客様にご迷惑をお掛けしてしまう事態が発生することも有るからなのです。
只、今回は我孫子市の悲願!”小さな観光都市として生きて行こう”という方向性を決めた街にとりましては、とても大きな意味を持つことになる出来事なのです。
実は10年ほど前に、市役所の方がアド街さん宛にお手紙を書きまして『我孫子市を取り上げてほしい!』とお願いしたそうなのですが、その際はハッキリとお断りされたそうでして、それ以来、まるでうわ言のように『どうしたらお取り上げ頂けますかねぇ、それとももう無理なんですかねぇ・・・』という話を、良く聞いておりました鈴木としましては、現在、我孫子市みやげ物協会の会長と言う立場もありますので、たとえ自分の店が振り回されることになりましても、今回の企画を成功させなければなりません。
なので今回は、本当に全面協力をさせて頂きました。皆さんにも、是非ご覧頂いて視聴率を上げて頂きたいと思っております。(笑)だって、他の街に比べてあまり視聴率が低いようですと、二度とお声が掛からないでしょうし、逆に良い結果ならば、次は手賀沼近辺をテーマに、柏市と我孫子市の共同でお取り上げ頂く企画も有りえるんだそうです。(う~ん、これは頑張らねば!)
皆様も、是非、お知り合いの方に宣伝して下さいませませね。放映予定日は、12/7(土)午後9時~となっております。まだまだ先のようですが、気が付けば・・・と言う感じでわりあいすぐですので、お忘れなきよう、どうぞよろしくお願い致します‼
近づきましたら、といいますか、この後はシツコク宣伝させて頂きますので(苦笑)ホントに何卒よろしくお願い致します。<(_ _)>
※本日の写真は、収録後2週間以上経ってから、ふらっとお一人でコーヒー豆を購入しに寄って下さった”峰竜太さん”と一緒に撮らせて頂いたものです。ご本人曰く、『最近コーヒーにはまっていて、番組ディレクターから「今度我孫子の凄い拘ったコーヒー豆屋さんを取り上げるんですよ!」って聞いたら飲んでみたくなっちゃってね』的なことを仰っていらっしゃいました。物凄く嬉しいです。ありがとうございました‼(本当に気さくで素敵な方でした。皆様応援を!)