古臭さを許してくれと言う鈴木⁈

こんにちは!鈴木でございます。新しい時代『令和』が始まりまして少し経ちましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?私は相変わらずの毎日ですが、おかげさまで前向きに、元気に過ごさせてもらっております。(一番ありがたいことと感謝しております!※写真もすまし顔?の鈴木です)
少し前に『最近、新しい仕事も始めたんです!』と、書かせてもらいましたら、「えぇ~、なにやってんのぉ?」と、聞かれることも有るのですが(そんなおバカっぽく聞く人いる?・笑)おかげさまで、少しずつ、それでいて順調に進んでおりますので、もう少ししましたら、皆様にも応援して頂けるようにお話ししますので、今少しお待ち下さいませね。(もったいぶると後で怒られるかな?・苦笑)
僕は先日、GW期間中に誕生日を迎えまして59歳になりました。20代半ばの頃、お金もないのに、自分で店を始めてしまってから、おかげさまで、既に30年以上店を続けさせて頂いていることになります。間は大変なことも有りましたが(昔からのお客様はご存知かもしれませんね)現在では、これまたおかげさまで、僕の店は、個人の豆屋としましては日本有数の繁盛店と言われることも有りまして、豆の焙煎が追い付かないほどの毎日です。(ホントにありがたいことです)
新しいお付き合いのお話し等も沢山いただくのですが、全てお断りして、チェーン店なども目指さず、自分自身で作ったものを、自分自身で販売するスタイルを貫かせて頂いております。
実際、私のようなスタイルで、豆屋を続けられる方は少ないようですので、とても幸せな事ですし、このままの形で進めていれば、暮らしてゆくには問題ないとも思うのですが、私は、商売がうまくいかなくて”どん底”だった時、『必ず美味しいコーヒーが作れるようになって、世の中の役に立つ人間になる!』と、そんな今思えば恥ずかしいような事を、毎日毎日思い続けて生きていたので、今、自分だけが良ければそれでいいとは、どうしても思えないのです。(古い人間だね・笑Ⅱ)
新しい時代『令和』に変わっても、義理、人情、自分との約束を大事に生きて行きたいと願う鈴木です。変わるという事は、ある意味変わらないことでもある…と、古臭く、泥臭く頑張らせて頂ければ幸いです。こんな鈴木と付き合うのは大変と思いますが、どうか、許して下さいませね。(許せない方もいるとは思いますが・苦笑Ⅱ)