再会に感涙&原点を思い出す鈴木?!

こんにちは。鈴木でございます。気が付けば・・・と言う感じで、ゴールデンウイークも終了してしまいましたですね。
今年は、久しぶりに行動制限もなく動けるという事で、ご旅行等に行かれた方も多いかと思います。
鈴木はと言いますと、まぁ、相変わらず仕事三昧の生活ではございましたが(いえいえありがたい事なんですよ・苦笑)、でも、仕事の合間に、体力付けるためのウオーキングは欠かせませんので、結構そちらも頑張らせて頂いております。
つい先日も、お天気が良かった日に我孫子から柏迄歩いてお昼を食べに行ってきました。(帰りは勿論電車ですけど・苦笑2)
一生懸命歩いて、ちょうど一時間ぐらいでしょうか。柏に着くころには、もうお腹が空き過ぎてしまっておりましたが、『さて、何を食べようか?』という事になり、カミさんと相談して、凄く久し振りに、前に良く伺っていたレストランに行ってみる事にしました。
コロナの前までしか行っていなかったので、多分2年以上、いや、その前から自分達が忙しくなり過ぎてしまっていたので、下手すると3年近く行っていなかったかもしれません。
大手ホテル系のレストランで、スタッフの方達も勿論素晴らしいのですが、当時は、店長さんがラグビー好きで気が有って、そんな事も有りよく行っていたのですが、その店長さんも他の店に移ってしまっていると聞いていたので、多分、誰も知った方はいないかな・・・と思いつつ、恐る恐る訪ねてみると、「あ~鈴木さん・・・」と、スタッフの方達が絶句して下さって、何だか感動の再会を果たした人達みたいな感じになって、私も思わず涙ぐみそうになってしまいました。
いやいや、覚えていて下さって光栄でした。最初はコロナで出られなかったのですが、昨年は、私自身が2回も倒れてしまって、その後食生活も結構変えているので、外での食事には出にくかったこと・・・等々、一通り話して、さて、何か食べられるものは有るかな?と、探しておりましたら、「大丈夫です。何でもお好みに合わせて加減しますので仰って下さい」ということで、突然にもかかわらず、色々と加減して頂いて、美味しく食事させて頂きました。
帰りしな、お昼の忙しい時間にも関わらず、シェフまで顔を出して見送って下さって、申し訳なかったですけど、更にビックリしたのは、3年も前にボトルキープして置いた『サントリー山崎』が、まだ取って置いて下さっているという事で、まぁビックリ&嬉しかったです。
昔僕が夜の世界で働いていた頃、ボトルキープは3ヶ月が期間だったし、どんなに長くても、一年以上取って置いてくれるところを知りませんでした。
※そんなにお酒飲みではない鈴木ですが、万が一外でウイスキー飲むときは、ラベルデザインをした方と一緒に仕事(全日空スカイショップ「焙煎職人シリーズ」)をした御縁もあるので『山崎』を飲むようにしているのです。
長年のスタッフさん曰く、「いつかお越し頂けるのではないか…と思い、さすがに他の方のは無いのですが、鈴木さんのだけは取って置きました!」というので、またまた感激です。
そんなに大した客ではなかったと思うのですが、いやいやありがたい事です。(ホントに感謝です)
美味しく食事をした後、久しぶりなのであちこち見て回ったら疲れたので、お茶でもしようと思い、こちらもある意味久しぶりに「スタバ」に立ち寄ってみました。
いやいや、こちらも結構久しぶりでしたが、『そうそう、こんな感じだったよね』と、ある意味懐かしく感じた鈴木なのでした。
只、先日『焙煎カフェ』を新プロジェクトとしてスタートさせる事になったとお話ししましたように、僕は、世の中にある意味『焙煎ブーム』を起こそうと、凄く真面目に考えています。
それは、例えるならば、隣にスタバが有っても、成り立つ個人店を世に送り出す…という事にも繋がる話なのです。
「そんなの無理」と言われてしまうかも知れませんよね。小さな個人店の戯言だと笑われるでしょう。勿論、それでも良いのです。
只、無理や不可能という事であれば、僕が20数年以上前に、借金に追われて、全財産かき集めても2千円と小銭が少々、借金は数千万~膨らんで一億円近く、それにも関わらず、コーヒーの豆を売って店を成り立たせたいと夢を追い、でも、実際は、毎日数千円か、多くても、せいぜい1~2万円位しか売れず、月末にはまた数百万の支払いが待っている・・・そんな赤字、赤字の状態がずっと続いてしまい、もうどこでも借金も出来なくなって、自転車操業さえできない状態まで追い詰められて、毎晩、次の日の朝が来るのが怖くて震えて眠れずにいた日々に、もう耐えられなくなってしまい、ある朝、全財産の2千円を握り締めて、首を括る為の縄を買いにホームセンターまで歩いていた当時、『僕は全てやり尽くしたから死んでも良いはずだ…』と、念仏のようにブツブツと呟きながら歩いていた時、ふっと、『人様の為に』と浮かんで、はっと気が付きました。全てやり尽くしたようで、それは全て自分の為だけだった。売るためにコーヒーを創り、販売していた。下手をすれば、美味い、まずいなんてどうでも良くて、とにかく売れれば良かった。
でも、違うんだよね。まずは人様に喜んで頂けるように、コーヒーを買って頂く方々の為に美味しいコーヒーを創り、それを買って頂いてから、初めて自分の利益に繋がるんですよね。
そんな簡単な事に気が付かずにいた日々でしたので、逆にはっと気が付かされたような気がしました。
そんな、人様の為に創るコーヒー・・・と考えるようになってから、本当にビックリするほど、多くのお客様に御支持頂けるようになって、気が付けばありがたい事に、コーヒー豆が今までの10倍も売れるようになり、いつしか借金も清算出来、今現在は、生きている事さえ不思議なくらいですが、小さな個人店であるにも関わらず、日本全国の多くのお客様からご支持頂いて、更には、各界著名な方々からも御支持頂けるようになり、各メディアでも取り上げて頂けるほどの繁盛店と言われるようになりましたが、あの日の事を考えれば、そんなこと全ての方が、ある意味不可能で、無理な事のように感じますので、なので、世の中に焙煎ブームを起こすことぐらい、全然無理な事のようには思えないんです。(ある意味鈴木は図々しいのです・笑)

・・・気が付けばまたまた長々と失礼しました。
今回は、久しぶりの再会に感激したと言う事と、焙煎の原点に立ち返り頑張らせて頂きたいという決意を表明したかっただけなんですけど、くどい鈴木は相変わらずのようです。(失礼しました)
こんな変わり者全開?の鈴木ですが、今後とも、どうぞ宜しくお願い致します!

※今回、世界の平和を願って企画させて頂きました珈琲シリーズに『プレミアムチャリティーセット』も追加販売させて頂きました。残念ながら起きてしまった戦争は、本当に悔しく、辛く、悲しいことばかりですが、それでも自身でも出来る事を、少しでも頑張らせて頂きたいと願い、またその気持ちを支持して下さっている皆様に、感謝の気持ちを込めて企画させて頂きました。万が一お好み合いましたらご利用頂ければ幸いです。

※それと、最近は職人アイスリキッドの箱買い注文をされるお客様がとても多く、ビックリすると共に感謝の気持ちでいっぱいでおります。
出来る限り切らさないように焙煎&製造しておりますので、ご心配なくご自身のペースに合わせてご利用下さいませ。(それにしましてもありがたい事です・感謝!)

『営業の御案内』
※現在、当店は宅配便による通販専門店としての営業となっております。

※店頭販売は、通常&ご予約共に行っておりません。その旨、何卒、ご容赦・御了承下さいませ。

※また、生産量には限りがあるスタイルですので、お取り寄せ頂く際、日付指定は承っておりません。御用意出来次第、順次お送りさせて頂いております。(何事もなければ通常2週間前後でお届けさせて頂いております)

◎最近「電話でも注文できませんか?」と言うお問い合わせを良く頂きますが、勿論、お電話やファックス等でも、ご注文承れますので、遠慮なくご相談下さいませ。
只、電話には出られないことも多いので(なんたって秋篠宮様からの伝言を頼まれた皇室関係の方の電話にも出ずに困らせてしまった鈴木ですから・苦笑)、その際は、留守番電話にお名前とご連絡先を入れて置いて頂ければ幸いです。追って、こちらからご連絡させて頂きます。宜しくどうぞ。

☆御贔屓に感謝しております。本当にありがとうございます。

I wish for world peace!