こんな鈴木を許して頂ける⁈(お待たせする事へのお詫びです)

こんにちは!鈴木でございます。いつも、使いにくい当店をご贔屓下さいまして、ありがとうございます。
本日は8月31日、8月も末日となりました。6月末に私がダウンしてしまってから、店頭販売は完全休業させて頂き、少しずつ体力も回復して来ているのに合わせて、ご配送のみの御利用をお願いしつつ、細々とこの夏を乗り切るつもりでおりました。
只、本日の写真を見て頂きたいのですが、これは、8月中にインターネットを通じてご注文を頂戴して、既に配送させて頂きました皆様のご注文の束になります。(なんだか凄い量でしょう?)
8月も末日なので、整理しておりましたら、あまりの多さに鈴木自身もビックリしてしまいました。
いやいや、本当にありがたい事です。こんなに使いにくい状態であるにも関わらず、皆様のお気持ちに、心が涙で溢れるぐらい、感謝の気持ちでいっぱいでおります。。。只、只ですね、この話には続きがございまして、今、鈴木が手に持っているのが、昨日までにお出ししたご注分なのですが、前回のブログページでもお話しさせて頂きましたように、ここ数日、ナイツの塙さん繋がりで、平野ノラさんにSNSで複数回ご紹介頂きまして(ものすごく褒めて下さっていて本当にありがたい事です)、ご注文の方が大変な事になっておりまして、今手に持っているご注文と同じ位か、更にそれ以上の御注文を、僅かここ数日の間に頂戴してしまっております。(本当に『おったまげ~!』ました・笑)※平野ノラさん、塙さん、ありがとうございました!
アイスコーヒーリキッド絡みの御注文が殆んどなのですが、アイスコーヒーも、ここ数年は本当に人気を頂いている品ですし、我孫子市の観光大使を務めて下さっている塙さんが頑張って下さっていて、あちこちに持って行って下さるものですから、そのお陰で、サンドウィッチマンの伊達さんにご紹介頂いたり・・・、今回のように、平野ノラさんにご紹介頂いたり・・・と、皆さんが宣伝して下さる事も有りますので、用心して、常に倉庫には、在庫を1000本以上持っているようにしていたのですが、なんと、現在、既に一本もなくなってしまいました。(なんとっ!)しかも、更にこの後、1000本以上作らなくては足りない状態になっているようなのでございます。(ええええ!・苦笑)
店は開けていないので、随分と楽はさせて頂いておりますが、それでも、既に、倒れる前と変わらないぐらいか、それ以上の焙煎量になって来ておりますので、8月の末日、今日も店で焙煎に追われつつ、思わず苦笑いしていた鈴木なのでございます。(もちろん超ありがたい事なんですけどね(;^_^A)
なので、ここ1週間くらいの間にご注文頂戴している皆様にお詫びです。
普段でも『2~3週間以上お待たせしてしまうかも知れません・・・』と言っている、たかだか街中の個人コーヒー豆屋のくせして、生意気な鈴木の店なのですが、この後は、更にそれ以上、場合によっては一ヵ月位のお時間を頂戴してしまうかも知れません。その旨、何卒、お許しくださいませ。(許せないとは思いますが)
もし「それでも良いよ!」等と仰って頂ける、お客様につきましては、どうぞ、どうそ、今後も遠慮なくビシバシとご注文入れてやって下さいませ。(あまりそう言う方はいらっしゃらないでしょうが)
また、既にご注文頂戴しているお客さまでも、「そんなに待てないよ!」とお思いのお客様につきましては、クレジット決済をご希望されておりましても、当店の場合は、発送の御用意が出来てから決済の手続きをしておりますので、その日まではキャンセル頂く事も可能となっております。ですので、その際は遠慮なさらず仰って下さいませ。
コーヒー豆屋に取りましては、一年で一番暇になる事の多い8月後半に、只でさえ、店頭販売休業中でご迷惑をお掛けしているにも関わらず、このようなお話をさせて頂いていることに、感謝の気持ちでいっぱいでおります。
只、売れればよい・・・と思う事が出来ない性格の鈴木ですので、いくら沢山のご注文を頂戴しておりましても、流れ作業による大量生産は出来ません。
何があっても、自分自身が『これが最高!この世で一番美味しい‼』と思えるコーヒー豆達だけを、命を削ってでも創って行きたいと、何度倒れようとも、願わずにはいられない、相変わらず不器用な鈴木です。良かったら今後もお付き合い下さいませね。(まぁ殆んどの方が見捨てるでしょうけど・大笑)

※そんなこんな?で、9月も店頭販売は完全休業頂きながら、お取り寄せのご注文に真摯に対応させて頂く予定でおります。ただ、6月以前はお出ししておりました「受注確認メール」は、自動送信の物だけでご容赦頂き、発送のお知らせのみお出ししている形です。(焙煎以外の業務を簡素化させて頂いております・御容赦を)
また、10月以降の予定につきましては、決まり次第、このブログページでもお知らせさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。
使いにくい、使いにく過ぎる鈴木の店の御贔屓に、心より感謝の気持ちでいっぱいでおります。いつも本当にありがとうございます!(感謝)