『時をコエテ』のイメージソング?!

こんにちは!鈴木でございます。今日はちょっと怪しげな白黒の写真でゴメンナサイ。今年7月から、限定で新しく販売を始めさせて頂いている『時をコエテ』と言うブレンド珈琲が、この大変なコロナ禍であるにも関わらず、かなりご好評頂いておりまして、新しい豆を使いチャレンジしている鈴木としましては、とても、とても嬉しくってですね、調子に乗って、また、大昔を思い出しまして、この『時をコエテ』と言うコーヒーのイメージソングを作ってみました。
イメージソングったって、素人のやる事ですから、決して大したモンではありませんが、ある意味40年ぶりぐらいで急遽やってみた割には良い感じの気がして、携帯の動画で撮ってみて、思わず、見よう見まねで「YouTube」と言う所にもアップしてみましたが、いやいや、登録の方法もよくわからないし、還暦迎えたおじさんには難し過ぎます。今の若い人たちは凄いですね。(登録だけで何時間も掛かりました・苦笑)
ご近所迷惑にならないように、演奏も歌も、良く言えば控えめですが、万が一ご興味頂いたら、こちらからYouTubeでご覧いただけます。
https://youtu.be/ak8qyo-HOqA
歌詞は以下の感じです。『時をコエテ』の新しくて懐かしい香りが、何だか、昔流行った映画「ゴースト/ニューヨークの幻」とイメージが重なったので、そんな感じで書いてみました。もし映画をご存知の方がいらっしゃれば、そんなイメージを持って頂ければ幸いです。(あくまで素人のお遊びですのでその旨ご容赦下さいませね)

『時をコエテ』

時をコエテ 君の元へ駆けつけるからね

遠い昔だって 明日だって 君が望むなら

空を駆け抜ける 風になり

時をコエテ 指切りしよう 軽いキスもしよう

君の香り 感じたなら 僕は消えるから

想い出の中 夢の中で生きるよ

手を取り行こう 昔へ未来へ

ほのかな香りが 導く その先へ

何も出来ないまま 消えてゆく僕だけど

あの日の涙を拭いてあげたいだけさ

 

時をコエテ 生きて行こう そのままで良いのさ

はしゃいだ時も 見つめ合った日も 忘れていいよ

でも香りに気が付いたら 少しだけ振り返ってね

一人歩き始めた ストーリーに取り残され

今も一人君は 足踏みしてる

何も出来ないまま 消えてゆく僕だけど

その手を引いて 導いてあげるよ

香りを感じたなら 空を見上げて…

時をコエテ 会いに行くからね

(おわり)