若かりし頃の写真を見つけて、妙なため息をつく鈴木?!

=雪が降ったり、寒い日が多い中、皆様変わらずのご愛顧を頂戴しまして感謝・感謝です!=

mukashi-suzuki1mukashi-suzuki2←若い頃の鈴木発見!

「ヒエ~」と言う感じで

これは大笑いですね。

昔の写真は、ほぼ全部

処分してしまったので

ある意味“お宝写真”かも知れません(大笑)。向かって左が多分21~22才位でしょうか?ネクタイ

なんぞしていますから、どこかのパブか何かでバイトしていた頃の写真でしょう。右は年号が85年と

入っていますから、私が25才の頃でしょうか。自分で無理して店を始めたばかりの夏だと思います。

当時は、本人としては結構“イケてる”(これ又大笑)・・・なんて思っていたのですが、久しぶりに見ると

もうあまりの“だささ”(何だか変なおばさんパーマもかけてるし)に、苦笑いが止まりません。

でも思いだしてみると、その頃は何に対しても物凄い情熱で、遊びは勿論、仕事だって朝から晩まで

フラフラになりながらも働いていたと思いますし、もう、無茶でも無理でも何だってお構いなしです。

多分、周りには随分と迷惑を掛けていたのでしょうけれど、「ドラマや映画よりも面白い毎日だった」と

当時の遊び仲間からは言われることも多いので、まあ、それはそれで良しとしておきましょう。

でも、まさか今のように自分がコーヒーを焙煎する仕事に就くとは、当時は思いもよりませんでした。

喫茶店かパブを営業しつつ、チャラケた人生を送ると思っていたのに、こんなに一つのことに対して

突き詰めた人生になるなんて・・・、人間、本当に先のことは分からない物なんですね。

昔の写真を見つけて、「はうぅ~ん・・・」と、妙なため息をつく、今じゃ変なオヤジの鈴木なのでした。

(若い頃の写真を、ほぼ全部処分した理由については、深く追求しないようにしましょうね・苦笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・