無信仰のくせして12月になると何故か手を合わせる鈴木なのです

sakasan-1気がつけば・・・という感じで、今年も残り数日となってきました。随分と冷え込んできましたが、皆様お変わり有りませんか?お風邪など召しませんように、どうぞお気をつけ下さいね。(疲れた時は珈琲飲んで元気出しましょう!・笑)

私は12月になると、神様にお祈りすることがあります。普段は滅多にないことなのですが、この写真の男が気になるからなのです。彼は、2年前の12月1日から、早稲田大学の近くでコーヒー豆店を始めた坂さんなのですが、写真は当店で修行中の物です。

野球を本格的にやっていただけ有って、まあ図体はでかいこと(笑)。只、焙煎はパワーでやるわけではないので(当たり前ですが)、細やかな技術を身につけ、生命を感じさせるコーヒー豆作りが出来るようになる為に、私自身も一生懸命、技術と精神を教え込みました。

その甲斐あって、2年前の12月に無事オープンできましたが、その直後に“あの”大震災もありましたし、元々、職を転々とし、鬱病まで患っていた彼ですから、最後の賭で始めた商売です、置かれている状況を考えますと、もう、心配で心配で仕方がありませんでした。ただ、この仕事は自分自身で頑張るしか有りませんから、陰ながら祈るしかなかったのです。でも、何とか頑張っているようですし、最近は常連のお客様も多く付いてくれて、何とか経営も成り立っているようでホッとしています。どの仕事だって同じですが、このコーヒー豆販売の商売も結構大変です。私のところだって、お客様は沢山ついて下さっていますが、薄利の細かな商売ですので、人のことを心配できるような立場では有りません。毎月、毎月、何とかやりくりしながら、良い豆を仕入れ(良い豆を仕入れすぎるので経営が大変・・・と家内には怒られますが・苦笑)、お客様に提供させてもらっています。でも、おいしいコーヒーを提供できて、皆さんに喜んで頂いて、それで自分たちも何とか笑顔で年が越せれば、もうそれだけで良いのではないでしょうか。仏教も、キリスト教も、何もよく分からない鈴木ですが、ただ、ただ、人の幸せを、成功を願い、手を合わせる年末です。神様達は、鈴木のお願いを聞いてくれるのでしょうか?(お賽銭をケチっちゃったから駄目かなぁ・苦笑)

※坂さんの店「焙煎工場さかいち」ホームページはこちらから→http://www.sakaichi.com/