無いはずのアイスコーヒーを口にして、思わず本音の出る鈴木!?

=蒸し暑さの続く中、こんなに使いにくい“鈴木の店”の御贔屓に、心より感謝しております!=

ありがとうございます。そして、本当にすみません・・・、アイスコーヒーリキッド、只今売り切れ中です。

無糖タイプ&微糖タイプ、共に、現在、店には一本も残っておりません。(全て売り切れてしまいました)

こんなことは珍しいのですが、梅雨明け前にして、早くも、1千本を優に越える御利用を頂いております。

通常は、梅雨明けと共に、急激に御利用が増えますから、それに合わせて予定を立てていたのですが

今年は、多分、蒸し暑さも手伝ってくれたのでしょうか?、6月後半から、急に御利用が増えてきまして

あれよ、あれよ・・・、という間に売り切れてしまいまして、とても、とても、焙煎の方が間に合いません。

最後は、皆さん奪い合うかのように(笑)、争奪戦の上、本当に一本も残さずに完売状態となりました。

・・・で、只今頑張って焙煎して、製造に回していますので、今週末には「無糖タイプ」が、そして来週末

迄には「微糖タイプ」が、なんとか、戻ってくる予定(あくまで予定ですが・・・)です。なので、今しばらく

ご容赦下さいませ。昨日も、そう言ってお客様におわびしていたのですが、お客様が指さして、「そこに

ice-hakosakasa←あるのは“アイスコーヒー”じゃないの?」と言われました。

当店を御利用の方はよくご存知だと思うのですが、アイスの

箱を、普段は台代わりにしているのです。でも、これを良~く

見ていただくと分かるのですが、全て逆さ、空箱なのです。

その旨お話しすると、お客様も分かっていただいて、「じゃあ

出来上がったらで良いから、予約しておくわね」ということ。

しかも、そう言う方々が沢山いらっしゃって、アッという間に

何ケース分も、出来上がる前から御予約となってしまいました。これは大変&凄いありがたいことです。

休み返上で仕事に精出す鈴木ですが、頑張ると何だか冷たい物が飲みたくなるので、冷蔵庫を覗いて

「何かないかなぁ~」と見ていると、家内が「奥にアイスコーヒーがあったでしょう!」と一言。「エ~ッ!」

驚く私を気にとめる様子もなく続けて「ここのところ急に人気で売り切れちゃいそうだったから、一本だけ

持ってきておいたのよ。こんなことなら、一ケース持ってきておけば良かった・・・」と嘆いて?います。

お客様にお分けするぶんがないのに、申し訳ない・・・と思いつつも、一口飲んだら「あっ、うまい!」と

思わず口からこぼれてしまいました。罪深き鈴木をどうぞお許し下さいませ・・・。(許せない?・苦笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<御覧頂き、ありがとうございます>・・・