想い出の場所でビックリ?!

やっぱり・・・と言う感じで、一ヶ月以上経ってしまった。

これでは、「日記」ではなく「月記」になってしまう。しかも、それでもギリギリだ。

まあ、これは最初っから解っていた事?なので良しとしましょうか。(かってだねぇ)

namiki-1先日、久しぶりに新宿の方へ行って来たのですが、新宿から程近い

初台と言うところに、お付き合いのある店があります。実は、ここが凄い!

日本を支える財界の方が経営するお店で、お客様も各界のトップと呼ばれる

凄い人たちが集まってくる。いわゆる隠れ家?的なお店なのです。

<↑看板には「焙煎職人 鈴木正美の自家焙煎珈琲 波輝」と書いてくれてます!>

でも、決して敷居が高いわけではなく、昼間の店なので一般の人にも使いやすい

とは言っても、入り口が解らない程奥にあり、普通のお店と違うのは明らかですが・・・。

光栄なことに、ここを経営するママさんが私の珈琲をいたく気に入って下さって

オープン以来お付き合い頂いています。今年になってまだ伺っていなかったので

ご挨拶に・・・と思い、子供と家内、それにノイとジェスの犬も二匹連れて

民族大移動状態で新宿へと向かったのですが・・・。

新宿は、私の生まれ故郷でもあり、本当に懐かしいところでもあります。

特に、西口は新宿警察で剣道を習い、高層ビルが建つ少し前までは

浄水場跡地で少年野球をしていた、楽しい「想い出の地」なのです。

犬連れと言うこともあり、お散歩させるのに西口公園がよいと思い

都庁を横に見ながらそこに向かったのですが、いやはやビックリ!

公園中青いテントだらけで、いわゆるホームレスの人たちが集まっているのです。

その数の多さは凄まじいものがありました。一般の人たちは、ちょっと近寄りがたい

独特の雰囲気があり、結局そこに車を止めることが出来ず、少し離れたところから

ノイとジェスのお散歩を始めました。公園内には、他にもお散歩の人もいましたが

やはり足を急いでいました。差別するわけではないのでしょうが、何となく怖い・・・

そんな感じでしょうか?又、公園のベンチを見てまたもビックリ、ベンチの真ん中に

木を打ち付けてあって、二つに分ける形にしてあるのです。

これは、明らかにそこで寝るのを邪魔するための物・・・何だかちょっと寂しい気がしました

勿論、公園を占拠されては困るでしょうが、目を背けているばかりでは、何も解決しない。

ある人は、掃除などの仕事を都が与えたらどうだろう?!と言っていました・・・。

勿論、色々難しいのでしょうが、ベンチに杭を打つよりはましでしょう。

私にとっての「想い出の地」西口公園は、ホームレスの人達にとっても“想い出の場所”に

なるのでしょうか?大きなお金だけじゃなく、こんな所にも目をやってもらいたいな・・・

だって、段ボールを引きずっていた、あの人と自分との違いを、私には見つけられないし

何と言っても、同じ滑り台で遊んだ仲?なのですから・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・