夜のコーヒーを考えるなんて、やっぱり鈴木は変なのでしょうか?!

=なんと、今年も残すところ後2ヶ月ですね。何から何まで厳しい毎日ですが頑張って生きましょう!=

saketoおぉ・・気が付けば放ったらかしの日記となってしまい、気が付けば今日はもう11月じゃないですか!

でもね、鈴木だって遊んでいたわけじゃないんですよ。10月中は、週末になると「ふるさと産品」関係の

イベントが入っていて、鈴木もちょっとの時間ですが、我孫子市内ならどこでも、先日購入した折りたたみ

自転車を飛ばして(飛ばせないか?)お手伝いに行っていましたし、更には休みの日にも、いつもの雑用

とかをこなす以外に、我孫子市も推奨している“NPO法人の勉強会”などのお手伝いなどもしていました。

←そんなこんなの言い訳をして、ホッとしたところでニュースです。

お酒の瓶を片手になぜか神妙な顔の鈴木ですが、これ実は福島で

造っているお酒なのです。震災以降、放射能問題にも苦しむ福島を

コーヒー業界として何か応援する手だてはないか?・・・と考えまして

鈴木の得意技、アレンジコーヒーの一つとして福島県のお酒を使い

お酒風味のコーヒーを作ることにしました。実は、これもとは当店で

勉強した、酒屋&自家焙煎のコーヒー豆屋を営んでいる「新風堂」の

社長さんに教えてあげる為に考えたのですが、今回、米どころ福島県を応援するためにも使えそうなので

試してみたところ・・・これは、いけそうです(おぉ!)。早速本日より、“超・裏メニュー?”として販売しよう

と思います。名前は、「夜のコーヒー・ほろ酔い“夢”ブレンド」と考えました。価格はちょっと高めの¥780

(税を入れて¥819ですね)としました。これは、手間が掛かるのは勿論ですが、そのうち1割分ぐらいは

東北に寄付させていただく形の“チャリティーコーヒー”としようと思います。勿論、安心安全、放射能検査

も行っていて、一切検出されていない会社のお酒を使用しています。ほのかにお酒の風味がする、優しい

味わいのコーヒーです。日本酒をたっぷり染み込ませた生豆を、焙煎してから混ぜ合わせていますので

アルコール分については、ほとんど残って無いと思います。でも、イメージ的に“夜のコーヒー”としました。

大変なことのあった今年は、福島のお酒風味のコーヒーに心まで酔いしれてみて下さいね。店の方にも

11/3(木)~少し並べておきますので御覧になってみて下さい。 ※形的には(挽き)のみとなります。

心の広い皆様、変わり者・鈴木のやる事をどうか温かく見守って欲しい・・・そう願うこの頃なのです。(笑)