前向きに昔に帰るのも、実は良いんじゃないかと思うのです?!

=皆さんからご要望の強かった「コーヒー教室」、10/13(月・体育の日)に開催予定となりました!=

20century-mini←緊急発売と同時に大好評頂いている「20世紀珈琲」ですが

実は、当初は全然違うネーミングで発売の予定でおりました。

“未来に美味しいコーヒーを!”・・・と、考えて創っていたところ

最高に美味しく出来上がって喜んでいたのですが、味見をして

何故か不思議な感覚が湧いてきました。「懐かしい・・・」そうです

未来を目指して創っていたら、なぜだか懐かしい味に出会ったんです。もしかしてこれは、そこに真理が

有るのかも知れない・・・。そう感じたのと、漫画や映画で話題の「20世紀少年」に感動したのもあって

あえて昔風なネーミングとさせて頂いたんです。確か、漫画の「ちびまるこちゃん」もそうだと思いますが

時代背景は、僕の生まれ育った時代とほぼ同じだったと思います。懐かしい・・・と言うことだけでなくて

本当に良い時代であったと思います。最近は、何だか小さい子供が被害に遭う事件が多いですよね。

物凄く、腹立たしくって、悔しく感じる毎日ですが、ふっと自分の子供の頃を思い出してみますと、確か

幼稚園児の頃も、間違いなく一人で遊びに行っていたと思いますし、近所の婆ちゃんがちり紙で包んだ

せんべいを子供達に分けてくれたり、近所の公園に行けば、必ず誰か友達に会えたし、悪い事すれば

怖い顔のおっちゃんが、見ず知らずでも怒ってくれたし、やっぱり空き地には基地があったし、それって

物凄く素晴らしいことだったんじゃないかな?と、今、強く感じます。だから「前向きに昔に帰ろう!」と

思います。未来を怖がって、後ずさりするのではなく、前向きに歩いて、歩いて、“そこ”に辿り着く為に

僕等は、必死になって良いんじゃないかと思います。だって、素晴らしい時代を知っている“生き証人”

なんだもの。僕らがやらずに誰がやるんだい?・・・そう真剣に思う、今日この頃の鈴木なのです。