コーヒーも、花火も、儚いから美しい?!

=お問い合わせ多くありがとうございます!今年はお盆の頃、普通に営業します=

hanabi随分と、お問い合わせいただきまして、恐縮です。

今年は、お盆の頃は普通に営業させて頂きます!

特に今年は、「我孫子コーヒー物語シリーズ」を

発表させていただきましたので、我孫子土産の

一つに加えていただければと願っています。

<お盆の週は、8/13(水)のみ休業です>

いやぁ・・・、それにしましても、花火って綺麗なものですね!(↑手賀沼花火大会の写真です)

今年は、何十年ぶりかで、ゆっくりと見ていたのですが、「こんなに綺麗なものか・・・」と、感慨深く

思ってしまいました。写真も何枚かは撮ってみたのですが、タイミングが難しくて、雰囲気だけで

ご勘弁?下さいませ。でも、花火って、綺麗だけれど、物凄く儚いものですよね。一瞬のきらめき

一瞬の芸術、一瞬の想いで・・・、表現は色々あるでしょうけれど、後に形として残るものではなく

写真にすれば、それはそれで綺麗だけれども、その場の感動には遠く及ばない気もするし、きっと

一瞬にして消えてしまう、その儚さに、私達は感動しているのではないでしょうか?・・・。

んっ・・・、待てよ。そう言えばコーヒーだって、飲んでしまえば一瞬で消えてしまうし、勿論、形には

残らない。写真に撮ったって、(もちろん)違いはわからないし、決して美味しそうでもないはずだ。

そうか、花火の儚さ、美しさに人々が惹かれるように、コーヒーも一瞬の輝き、それでいて心に残る

強い感動を演出できるように、私達創り手は、頑張れば良いんだ!そうか、そうか。(ナゼか納得)

でも、どんな時でも、コーヒーのことばかり考えてしまう生活は、一体いかがなものでしょうか?

ましてや、花火の儚さと、コーヒーを重ね合わせて考える、変な奴もあまりいないでしょうしね。

あまりにコーヒー漬けの毎日を悔やみつつ、今日もコーヒー片手に、この日記を書き、早くも秋の

新作コーヒーに想いを馳せる、今日この頃の鈴木なのでした・・・。

(美味しいコーヒーのことだけ考えつつ、43才、オヤジの夏は過ぎて行く。本人ちょっと悲しい)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・