「命懸けで頑張る!」と言いつつも営業時間は短いまま?

takitasan-oiwaiこんにちは!鈴木です。おかげさまで新店舗、無事開店することが出来ました。開店直後より多くのお客様にご利用いただきまして、更には、お祝いのお言葉・お品まで多くの方から頂戴してしまいまして、ありがたすぎる今日この頃です。(甘い物もいっぱい頂戴しました!・前回のブログに書いたのがよかったのかな?・笑)
出来れば店内の写真も撮って載せたいところなのですが、kundousan-oiwaigucchisan-oiwaiakasakasan-oiwai何はさておき、まずはこちらの数々をご紹介させて頂かなくてはなりません。お客様をはじめ、知り合いからもお花等頂戴しましたが、開店当日の朝、大きな箱が後から後から届いてビックリさせられました。写真のお花たちなのですが…『滝田栄さん』、『グッチ裕三さん』、『赤坂泰彦さん』、小山薫堂さん』、 何んともビックネームのそろい踏みです。皆さん、数日前にちょこっとお葉書出しておいただけなのですが、まるで銀座のクラブの開店か!?(笑)と思わせるような立派で素敵なお花やグリーンをお届けくださいました。いやいや、ありがたすぎて、うれしすぎるサプライズです!コーヒー豆屋が移転するだけでこういう方々からお花を頂戴できるなんて、わりあい珍しいのではないでしょうか?慌てて皆さんに連絡すると、「いやぁ、普段美味しいコーヒーごちそうになっているし、こんな時でもないと気持ちを返せないから…」となんだか泣かせる文句を言っていただいたり、赤坂さんの奥さまは、「お花がいいかなぁと思ったんだけど、グリーンだと長く鈴木さん達のおそばに置いていただけるから…」なんて可愛らしいお言葉を頂戴しました。(すごく優しい素敵な奥様なんですよ)もう、ありがたすぎて言葉も見つからず、ただただ電話口で頭を下げ続けましたが、後でちょっぴり涙がこぼれてしまいました。年取ると涙もろくなるのです(笑)。
でも、こんな嬉し涙なら、いくら流れても良いかなぁと思います。励まして下さる皆様のお気持ちにこたえられるように、この後も命懸けで頑張ります。どうぞご期待ください!(でも営業時間は変わりませんが・笑)