季節も鈴木も相変わらず⁈

こんにちは!鈴木でございます。お盆も過ぎまして、もうそろそろ落ち着くかと思いきや、相変わらず、猛暑と台風の繰り返しの毎日で、何だか今年は大変な夏となってしまいましたですよね。(季節で言えばもう秋のはずなんですが…)
皆様はいかがお過ごしでしょうか?程度に関わらず、大雨・豪雨で被災された方達は、本当に大変と思います。(心よりお見舞い申し上げます)また、そうでなくとも、異常気象・猛暑にやられて体調を崩している方も多いことでしょう。そんなとき、勿論大した役には立ちませんが、コーヒーが気分転換のお役に立てれば、コーヒー業界に身を置く者としまして、この上ない幸せな事です。
さて、写真は休みの日のダレた表情の鈴木で申し訳ないのですが、手に持っているのは、今年特に評判頂いている『職人アイス珈琲リキッド』なのでございます。今年は、パッケージを一新させて頂きまして、概ね皆様にもご好評頂けて内心ホッとしているところなのですが、今年は猛暑も手伝ってか、実は、製造の方が追い付かないほどになっておりまして、リキッド用の豆を、焙煎、焙煎、また焙煎(シツコイ・笑)の毎日となっております。
当店では、40㎏の生豆を焙煎して300本のアイス珈琲を作るのですが、これは、特に多い量なんだそうです。作る場所(会社)にもよるようですが、なんと、『半分ぐらいの量でも作ります』という所もありましたし、実際、儲かるにはそう言う形で作った方が良いのかもしれませんが、『自分自身で納得したものだけを販売したい!』という強い意志を持っている鈴木としましては、損得だけではどうしても動けずに、相変わらず、小さな店一軒だけで、細々と営業&焙煎に追われる毎日を過ごさせて頂いております。(自慢にはなりませんが・苦笑)
そうそう、アイス珈琲リキッドのことについていえば、パッケージが変わっただけでなく、内容的にもグーンとグレードアップしておりまして、あんまり言うと何ですが、無糖タイプ・微糖タイプは、モカをG1クラスも含む3種類、ブラジルも黄金豆と言われるイエローブルボンまで使い、全部で8種類以上の生豆を使っておりますし(もちろん全てアラビカ種)、特別企画の加糖タイプは、ミルクに合う豆を探しに探して、無農薬タイプのブラジルを見つけ、極上のアイスカフェオレが楽しめるようにと開発しました。
多分、たくさん売れてもそんなに儲かりはしませんが、そんなことはどうでも良いのです。皆さんに楽しんで頂けて、万が一でも『美味しい!』とか思って頂ければ、創り手に取りまして、これ以上の喜びはございません。使いにくい店の拘りアイスリキッド、その名も『職人アイスコーヒー・リキッド』は、我孫子の小さな”鈴木正美の店”だけで販売させて頂いております。機会ございましたら、是非一度お試しになられて下さいね。どうぞよろしくお願い致しまーす‼(伸ばすな・笑Ⅱ)