出逢えて良かった・・・が鈴木のモットー⁉

こんにちは!鈴木でございます。昨日は、「NHK文化センター・柏」さんでのコーヒー教室も、何とか無事に(そう思っているのは自分だけかも知れませんが・苦笑)終了しまして、お集まりいただいた皆様につきましては、貴重なお時間を、本当にありがとうございました。
内容は相変わらずのドタバタで失礼いたしましたが、私的には、とても楽しく、素敵な時間を過ごさせて頂き感謝&感謝です。
募集の人数も、増やして、増やして、ギリギリの形での開催でしたが、NHK担当の方のお話しによりますと『更にお申し込みの方が沢山いらっしゃって、お断りするのが大変でした』というほどだったようで、本当に、ありがたいやら、申し訳ないやらです。
なかなか、次の予定を立てるのは難しい(既に次回のリクエストも頂戴しておりまして凄くありがたい)のですが、万が一、また何かしらのイベント的にお会い出来る機会がございましたら、皆様、宜しくお願い致します。(お集まり頂いた皆様&ご関係者の皆様に心より御礼申し上げます!)
さて、写真はいつもの焙煎風景ですが、ここのところ煙モクモクの状態で、アイスコーヒー用の豆を焙煎しております。今年は、特に季節の移ろいが早くなっておりますので、アイスコーヒーの準備も早めになって来ている感じです。そう言えば、先日なんとか完成しました、石臼挽き・瓶入りアイスコーヒーリキッド『心』につきましても、高価格品であるにも関わらず、早くも多くの方にご利用頂いておりまして、とてもありがたく感じている今日この頃です。更に、この後は通常のアイスコーヒーリキッド『職人アイスコーヒーシリーズ』を製造していく予定ですが、こちらも、京都の水を使い、ネルドリップ抽出して、透明感と濃厚さを併せ持つ形で、こだわって製造させて頂いております。毎回、一度に300本ずつ製造するのですが、そのために私が焙煎する豆は40キロを超えます。一本あたりに使用する豆が100g以上となりますので、実は、これは相当珍しいようです。(通常はもっと少ない分量で作ることが多いらしいです)
只、これは私のモットーなのですが、お飲み頂いた方達に『このコーヒーと出逢えてよかった』と思って頂きたいと願っておりますので、商売的なこと云々よりも、まずは”美味しさ”、そして最後も”美味しさ”にこだわってコーヒーと関わり続けたいと願っております。こんな変わり者の鈴木ですが、今後ともどうぞよろしくお願い致します‼