何気ない写真を何気なくは見られない鈴木⁈

こんにちは!鈴木でございます。皆様お元気にお過ごしでしょうか?今年は、あまりにもあちこちで災害が多く、また、気候もおかしなことになっておりますので、どうぞ、ご自愛なさって下さいね。出来ればこの後は平穏無事に、優しい季節が過ぎてくれることを祈るばかりです。(皆様どうかお元気にお過ごし下さいませ)
今日の写真は、あまりにも何気ない街の図でスミマセン。只、鈴木にとりましては特別な場所ですのでご容赦下さいませ。よーく見て頂きますと、真ん中少し上の方に「24時間保育所」と書かれた看板があるのですが、私は、この保育所があるビルの2階で、20数年前にコーヒーと豆の店をしておりました。柏駅から歩いて5分くらいでしょうか、3階が保育所でして、私の娘も生まれて3か月ぐらいから、ずっとここの保育園に通っておりました。
30年前に店を始めたのは、同じ柏でもちょっと違う場所だったんですが、喫茶から豆売りへの転換がうまくいかず、6年程でその店を手放すことになって、どん底の状態で、娘が通う保育所の下、この場所での商売を始めたのです。僅か3年だけでしたので、ほんの短い間でしたが、私はこの場所で多くのことを学ばせてもらいました。勿論、良いも、悪いも、色々とありましたし、普通に考えれば、ほとんど悪いことばかりなのかも知れませんが、思い出すのは、ほんの少しの良いこと、励ましてくださった方達や、お客様達の笑顔とかばかりです。(不思議なもんですよね)
そう言えば、まだ幼かった娘にも励まされたなぁ、特に家内が良く言うのは、この場所の近くにあった、猫の額ほどの小さな公園で、思わずため息をついていたところ、娘が真顔で『私は、パパとママを幸せにするために生まれてきたんだから!』と言って励ましてくれたそうです。(そんな頃もあったんですね・笑)
その後、レンタカー屋で借りた小さなトラック一台に店の荷物を全て積み込んで、退路を断った状態(まるで夜逃げ同然?)で我孫子に移って来た当店ですが、おかげさまで、その後は何やかやで続けてこれまして、今年で30周年を迎えられることになりました。(本当にありがたいことです)
この何気ない風景を眺めつつ、色々な事や想いが胸をよぎる・・・そんな今日この頃の鈴木なのでした。(娘や家内そして勿論今まで支えて下さった全ての方々に感謝‼)