魂の珈琲

=「気まぐれ日記02年3月28日・焙煎職人“的”生き方のススメ」より=

j-3mini 「魂を食らうって感じですかね・・・」意地悪く、そう答えることがある

「あなたにとって、珈琲を飲むと言うことは?」の問いに対してである。

聞いた人は、鳩が豆鉄砲食らったような?(古いね)困った顔をするが

構わず私は、「良く、料理とは、その料理人の魂を食らうもの・・・と

言うじゃないですか。珈琲も、何も変わらないんですよ・・・」と続ける。

すると、相手は納得したような、しないような、不思議な顔で「あぁ・・・」と、うなずいてくれる。

そんなに重たい答えを期待して無いのだろうけれど、最近、何だか思いが募ってしまう・・・。

珈琲を通して、何かしらでも“この世”に貢献できないか?自分自身に問いかけてきた、一つの

答えが、「魂を食らう珈琲創り」なのかも知れない。私の生き方は、きっと不器用なのだろうけど

自分で思うよりは、もしかしたら“正直”なのかも知れない・・・。ちょっと、都合が良い解釈だが

「魂が熱くなる」そんな生き方が、焙煎職人“的”、生き方なのだと、私は気がつき始めている。

(さてさて、自分の魂は、どんな味がするのでしょうか・・・お飲みになります?)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・