がんばれ

ganbare-1日記<2008年5月21日>
「ひん曲がった字を見つけて、思わず嬉しくなる“親バカ”の鈴木!?」 より・・・

これは小銭を数えるときに使う、いわゆるアイデア商品ですが昔店で使っていて、今は、便利なので自宅で使っている物です。今、散歩から帰って来て、途中でジュースを買ったので、小銭がポケットにあり、それを入れていて、「ハッ・・・」と目に付きました。
もう十何年以上も前でしょうが、まだ小学校に上がる前の子供が私達のことを応援するために書いてくれた物でしょう。その当時も勿論、嬉しかったのですが、きっと、子供にも辛い顔を見せてしまっているのかな・・・と、家内と反省した記憶があります。今では下手をすると口を聞いてくれない事もある、いわゆる“お年頃”の子供ですが、こんな“ひん曲がった字”でも当時の想いを感じられて「まぁ、ちょっとぐらい生意気でも良いかな・・」なんて、思わずつぶやきながらも苦笑いしてしまう鈴木の休日なのでした。(でも最近は生意気すぎ・笑)